« November 2009 | Main | February 2010 »

 Jan 27 【Wed】, 2010

 北八ヶ岳 縞枯山・茶臼山スノーシュートレッキング 【後編】

北八ヶ岳トレック

【D3 AF-S 24-70mm ; 16, Jan, 2010】   


残念だけど、この眺望は写真で表現できないな、と思う。

斜面を吹き上げてくる猛烈な風に顔をしかめながらも、今しか味わえないこの空間を目に焼き付ける。


・・・引っ張って、後編です(m_m)。




13時14分、茶臼山(2,384m)の展望台。
とにかく風がスゴイ。イタイ^^;。
でも眺望もすげー!
南八ツが間近に迫り、右手には乗鞍岳、北アも。



===============================================================================================================



展望台
展望台の斜面近くはなかなかの高度感。滑落したらヤバそう・・・。
つーか、風がホント痛くて、もう限界^^;。  【BP Take】

 下り
展望台から引き上げ、大石峠へ。下りはなかなかの傾度でこちらから登ってくるのは大変そう。逆でヨカッタ。  【BP Take】

南斜面
しばらく下ると、展望が開ける場所へ。さすがに南斜面では雪も凍らず、
樹氷にはなっていない様子。  【BP Take】

 麦草峠方面
向こう側に見えるのは冬期通行止めの国道がある麦草峠。
てことは、麦草ヒュッテもここまで来たら見えるかな~?



===============================================================================================================

 

< 北八ヶ岳 縞枯山・茶臼山スノーシュートレッキング "曇りのち快晴の絶景スノートレック!" --- Photo Stream>
  ** 全撮影データをお互いに交換していますので、バロンパパさん撮影写真はキャプション末尾に【BP Take】と入れてあります。
中小場
茶臼山と縞枯山
大石峠
展望部
トレースから外れて
茶臼山
雪の結晶

オトギリ平
オトギリ平標識
出逢の辻
歩を早めて
頭上の雪
東屋
先を急ぐ

山頂駅が見えた!
山頂駅到着
達成感でブイっ!
さらば北八ツ
次回は?
夕景
Mr.Baron Papa

===============================================================================================================


      1024x681pxに拡大シマス(m_m)。お好きな方だけドウゾ^^;
10:24
11:21
12:01
12:02

12:16
12:45
13:14
13:51


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-




【1/16(Sat) 北八ヶ岳トレッキングルートMAP】



10:05山頂駅 - 10:40雨池峠 - 11:20縞枯山頂 - 12:00展望台
- 13:00茶臼山頂 - 13:45中小場 - 14:00大石峠分岐 - 14:20オトギリ平
- 14:50出逢の辻 - 15:20五辻 - 15:50山頂駅

合計時間: 約6時間 / 合計距離: 約7km







長々とお読みいただき、ありがとうございました(m_m)。   




 Page Top

 Jan 20 【Wed】, 2010

 北八ヶ岳 縞枯山・茶臼山スノーシュートレッキング 【前編】

北八ヶ岳トレック

【D3 AF-S 14-24mm ; 12:50, 16, Jan, 2010】   


辺り一面に降り積もった粉雪の海。

一歩一歩、そのさらさらとした波をかきわけてラッセルしながら、上へ上へと進んでゆく。


樹氷の森。

どこか荘厳なその世界へ。


年明けの八千穂は曇天、前週の乗鞍はワンコ遊びだったのもあって、次の休みは

どこかでスノートレッキングを楽しみたいなーと考えていた。

肝心な天気は週後半から徐々にいい方向へ。ヨシヨシ^^v。

バロンパパさんもトレッキングのご予定で予報見比べ中とのことだったので、ご一緒させ

ていただくことに。ソロだったら、夏に行った小諸や菅平あたりの低山を考えていたが、

こうなると例の場所しかない(笑。

 

ずっと行きたかった。昨年2月、ようやく訪れて見たその世界の峻烈な記憶は今も忘れ

られない。・・・あれから1年。あの気持ちの昂りをまた味わうことはできるだろうか。

2010年、冬。再び、北八ヶ岳へ。

 前夜予報
出発前夜の予報は・・・?(クリックで拡大します)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

暗雲
7時半ごろ、目指す八ヶ岳方面には暗雲が重く垂れこめ…。
ま、でも去年もこの時点では雲あったから!とか言って慰めあう2名^^;。

 あら~。
が!諏訪市内から雪がちらつき始め、蓼科近辺ではかなりの雪景色。
こりゃダメか・・・。重い空気に包まれ静まり返る車内(笑。

去年はピーカン
こちらは昨年出発前のピラタス駐車場で撮った写真。
ドピーカンで画面がキラキラ^^v。それに比べて・・・。

 微妙な天気
び、微妙すぎる(笑。陽は差し込んできているので、雲は低そうだけど。
ここまで来たらもう引き返せないので覚悟を決めていざ出発(笑!




あら~、坪庭もまっちろ~・・・。
ロープウェイ山頂なら雲の上に出るかも?という淡い期待はもろくも消え・・・。
さすがに動揺を隠せず、とりあえずイップク(笑。



===============================================================================================================

 

< 北八ヶ岳 縞枯山・茶臼山スノーシュートレッキング "曇りのち快晴の絶景スノートレック!" --- Photo Stream>
  今回バロンパパさんと互いに全撮影データを交換しています。
  そのため、バロンパパさん撮影写真はキャプション末尾に
【BP Take】と入れてあります。
スタート!
モノトーンな世界
粉雪を分け入って
静かなる坪庭
見上げると・・・
青空が!
雨池山

樹氷群の木漏れ陽
雲がきれる方へ
縞枯山荘付近
ふかふかなフィールド
雨池峠分岐
トレースなし
ルートファインディング

雪をまとって
山頂までのラッセル
山頂直下
登頂
縞枯山ゲット
縞枯れ現象
茶臼山へと続く道

茶臼山へと向かう
差し込む光
強烈な光
展望地
さぶ~
脱出不可
上も下も雪

ハイコントラスト
光が差す方へ
茶臼山山頂
展望台へ
絶景
美しすぎる風景
続く。



後編(茶臼山下山~大石峠~オトギリ平~五辻)へつづく・・・     


 Page Top

 Jan 15 【Fri】, 2010

 乗鞍スノーシューイング with Dogs.

乗鞍にて
   

昨シーズンも楽しんだ乗鞍スノーシュー、今回はお友達とワイワイ雪歩きv!

やっぱり乗鞍ってやっぱりいいスノーフィールドだナ~、と実感 ^^c。

レポを作る時間がなくって(汗、詳細はご一緒したバロン家さんCheenaさんちょこはな家さんへパス。 (・・・スイマセン^^;)


スタート  一の瀬園地  記念写真  青空と白樺  あったか~^^c  善五郎の滝  しーたさん



平地でのスノーシューイングはやっぱりパーティの方が楽しい^^。

滑ったり、転んだり、ちょびっとワンコと一緒に歩いたり。 (・・・9割はザックで運搬で・笑)

この遊びも、何気にもう5シーズン目ですが。。。。まだまだ飽きなそうです^^;。


 Page Top

 Jan 05 【Tue】, 2010

 トンネルを抜けたら・・・

内山峠
【@R254 長野県佐久市 ; Jan. 3, 2010】   

仕事も始まって、年末年始なんてあっという間^^;。

カロリー消化目的で雪遊びに出かけて、横川までは晴れだったのに軽井沢を越えたらびっくりの冬景色。


スノーシューは曇天だとまるっきり楽しくないのは百も承知ですが(笑、こうなったらもうしょうがない。

八千穂  しーたさん  こけた  雪の鏡餅



・・・やっぱ晴れじゃないとこの遊びはホントだめです^^;。  >> おととしはなかなかでした

しかし八千穂でこの積雪量なら、野辺山あたりもほどほど雪あるのかな~。



 Page Top

 Jan 01 【Fri】, 2010

 明けましておめでとうございます。

しーたさん

いつも当blogにお訪ねいただき、ありがとうございます。

昨年は長崎まで南下したり、津軽半島を周遊したりと、自身4年目のアウトドアライフを旅モードで満喫できたり。

反面、増大する仕事に忙殺され、週末に向かう気力に影響が多々。。。

今年はまた以前のように立て直したい・・・ナ~、とか何とか^^;。


さてさて、大晦日生まれのしーたさんは、無事5才に。ドモドモ。アリガトウゴザイマス(m_m)。

そわそわ  くれー  はやく~


当サイトも時折は更新しますので(笑、またお会いしましょう。

皆さまにとって、本年が素敵な一年でありますように。



 Page Top