« 鋳釜崎キャンプ場 ~Summer trip '09 Day2 | Main | 根子岳・黒斑山 ~トレッキングな秋 »


 Sep 09 /Wed, 2009

 つがる地球村オートキャンプ場 ~Summer trip '09 Day3

つがる地球村オートキャンプ場


3日目は龍飛岬を巡り、一路津軽半島を南下。

今年のツアー最後の宿営地は、超高規格、つがる地球村オートキャンプ場。



前日までとはがらりと路線が変わって、王道のオートキャンプでとにかくの~んびり。

思いがけない夏の風物詩にも出会えました。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


【8/16(Sun)-17(Mon) 東北キャンプ旅行3日目!ルートMAP】
ルート(クリックで拡大)


9時半に撤収後、まずは龍飛岬へ。

空は相変わらずのどんより曇り空(>_<)。予報では

晴れだったのにナ~。

前日同様、この日も5時間弱を見込んだ長距離移動。

岬の向こう、西側では好天かも・・・?

 

全然季節感ないけど、思わず「津軽海峡・冬景色」を

口ずさんだりして♪^^;。

そういえば竜飛岬、地図上では「龍」の字なんだとか。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



龍飛岬
10時15分、龍飛岬へ。日曜だけあって観光客もいっぱい。
ならばと、人がいなそうな遊歩道へ。が、階段100段くらい?うひ~。

 海辺の釣り人
ふと海を見ると、すげーとこで釣りをしてるヒトが(汗。ワイルドだな~。
自分でボートで行ってるようです。トイレとかどうすんのかな。

感心するしーたさん
し:「あんなトコでナニやってんのカナ?」
こういうトコはしーたさんにとってあんまり興味ナシだよね(笑。

 ハコ乗りしーたさん
一方、ハコ乗りは大好きなようで^^;。おいおい。気をつけてよ~。
し:「ヘヘ。キモチいーよー」




===============================================================================================================



竜泊ライン

龍飛岬と小泊をつなぐ竜泊(たつどまり)ライン。中央右の小さな白い部分が先ほどまでいた龍飛岬の灯台。
この道、冬期通行止め前の10月中-下旬に見れる紅葉時期がまた素晴らしいとか・・・。来てみたいなー。
個人的には八幡平のアスピーテラインより眺望も良く、素晴らしい道路という印象でした^^。



 


< 龍飛岬から竜泊ラインドライブ Driving R399 --- Photo Stream>
ワインディング
カーブに進入
海岸線沿いの道
イカ焼き屋
お昼
いかランチ

行合崎キャンプ場1
行合崎キャンプ場2
安全な方向へ
つがる地球村
やっと走れる~
ワタシは断然コッチ!

===============================================================================================================



つがる地球村キャンプ場

岩木山の北東に位置するつがる地球村は、スポーツ施設やレジャー施設が集まった広大なエリア。
テニス場やパターゴルフ場、野外ホールに温泉まであって、その一画にオートキャンプ場があります。
しかも、2人で1,500円以下と意外にリーズナブルな料金なんですよね~^^。




☆>> つがる地球村オートキャンプ場
(@1,365円/2人)
【芝地区画オートサイト】

(上記価格は電源なしサイトの場合)
★つがる市の南端にある第3セクター運営のキャンプ場。
区画サイトだが、ランステクラスを張れるくらいの広さがある。
場内の掃除は行き届いており、シャワーやコインランドリーも完備。
安価な価格で、コストパフォーマンスに優れたキャンプ場と言える。
近隣店舗は車で15分程度にスーパー・コンビニ有。
キャンプ場を出てすぐ、地球村敷地内に温泉(500円/人)あり。

サイト全景1 トイレ炊事棟 炊事棟2 サイト全景2




< つがる地球村オートキャンプ場 Comfortable Site --- Photo Stream>
夕暮れタイム
まったりしーた
サンセット
ゴールデンタイム
花火
岩木山
撤収


===============================================================================================================



温湯温泉鶴の湯
12時半、黒石市街を抜けて400年余の歴史があるという温湯(ぬるゆ)温泉郷へ。「ぬるゆ」の名前ですが、あっつーいお風呂でした^^c。

 十和田湖畔にて
15時前、北から十和田湖へ入って東面を半周。湖畔をサンポしてのんびり過ごしてから帰途に。さ、帰ろっか!




===============================================================================================================



閉鎖した花鳥渓谷キャンプ場

残念ながら、十和田湖にあった花鳥渓谷キャンプ場が

閉鎖していました。

地元の方に聞いたところ、2008年クローズしたとのことでした。

ここで見た星空はすごかったのにな~。

 

 

長々とお読みいただき、ありがとうございました(m_m)。



【東北キャンプ2009 備忘録】

名目費用
キャンプ場宿泊代(3泊分)3,500円
お風呂(2人分×4回)2,160円
食費・食材・酒等16,500円
高速代(行き・岩槻→八戸/ETC休日割引)1,350円
高速代(帰り・十和田→所沢/ETC深夜)6,550円
ガソリン代(5回給油) 28,220円
雑費 8,000円
合計66,280円



 Page Top

コメント

お久しぶりです。
遠くへ出かけてますね~
ジャンルが違うのでコメントはしてなかったですが拝見してました。
写真がきれいなので見ているだけで気持ちいいです。
キャンプ場の夜がムード満点。
おまけに花火まで上がって盛り上げますね。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●>あきちんさん

こんばんは。
嬉しいコメントありがとうございます^^。
基本的に旅は好きなのですけど、人がいるところを避けて動いてる
ので、やっぱり外れな時も結構あります(笑。
今年はあまり夏っぽくなかった天候でしたが、何とか最後にそれっぽい
行動になりました^^。

 こんばんは。
相変わらず移動距離がすごいですね~
でもETC割引1,000円のうちに是非考えたい
エリアですよね。
全体的に向こうの方が空いてて安いですか?

北海道は勇気が要りますが陸続きなら魅力的です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●>goemonパパさん

こんばんは。退院おめでとうございます。

東北は混んでるとこはすごい混んでます。でも安価なのは魅力ですよね。
あっちのキャンプを経験しちゃうと、関東って高けーっ!とホント思います。
北海道の高速タダになりそうですね^^;。

海が見えるキャンプ場いいですね~~!
人事ながらも掛ったガソリン代が気になります(爆)
私の車の燃費もアメ車並みなので高速代より
ガソリン代が安くなって欲しいな~^_^;
いつかは行きたい東北&北海道です~~。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●>Cheenaさん

こんばんは。
やっぱキャンプは水辺ですかね?(笑
Cheenaさんならば、東北はもうすぐそこですよ^^。雪の前の今はベストシーズンじゃないでしょうか。
北海道、うちもキャンプではないので行きたいです~。
ホントに高速無料になるんですかね?ワタシたちは相当恩恵あるような(笑。

こんばんは。
毎度のことですが、しーたPさんの選ぶ場所はロケーション抜群ですね
うらやましい嗅覚^^
そんでもってまたスンゴイ移動距離!(゚∇゚;)
ちょっと真似できないな・・・^^;;

前前回のエントリーTopの星空。モニターに表示された瞬間ハッとしました。
2日目の場所も釣り船の光跡と星空なんて魅力的な予感がしますが・・・
さすがに連日の移動距離と日々設営・撤収は体にきますね^^;;

ロケーションとプライスバリューな東北。しかもあの時期でこの利用者。
魅力的だけど・・・やっぱ真似できそうにない(笑)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

●>柱さん

こんばんは。
リサーチはいろいろしているつもりですが、なかなかうま写真が撮れません(泣。
いつも「あ~。あんな風に撮ればなァ・・・」と自分にダメ出しです(笑。
カワヨグリーンは柱さんに撮って欲しいとこです^^。
2日目の鋳釜崎は場内灯こそないものの、釣り船の灯りが強すぎで厳しかったです(寝ちゃったけど・爆

移動、うちらは慣れるんですが、しーたさんが段々と厳しくなってるようです。
今回はあまり暑くなくてラッキーでしたが、来年は考えなきゃなーと思ってます。
・・・で、どこでキャンプ中なんでしょ?^^



 Page Top

Post a comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




 Page Top