« January 2009 | Main | March 2009 »

 Feb 26 【Thu】, 2009

 北八ヶ岳 北横岳・坪庭スノーシュートレッキング 【前編】

北横岳snowshoeing
【D3 AF-S 14-24mm ; 12:04, Feb 21, 2009】   

そこはまるで、ナウシカの物語に出てくる腐海のようだった。

胞子のごとく木々にはりついて成長する雪をまとった、樹氷の森。

標高2,400mの地で強く冷たく吹きすさぶ西風をただただ受けとめ、山頂へと向かう登山者を守っているかのよう。

----------------------------------------------------------
北八ヶ岳、北横岳スノーシュートレッキングレポです。

日帰りで実滞在時間7時間のレポですが、前後編と2回に分けて・・・(笑。

なので、ちょークドイデス(m_m)




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

一昨年の冬、ワンコと雪遊びができるというきっかけで初めてスノーシューイング。

のんびりと雪原を歩くだけでもものすごく楽しくて、2ndシーズンの昨年はワンコと行けるフィールドを色々探して行ったものだった。


しかし、一段階経ると当然より刺激を求めていく訳で、そうなると当然「ワンコと一緒に」はNGな世界になる。

それはしょうがないことで、ならばソロで日帰りでも行ける・・・、目下その行きたい場所No.1が北八ヶ岳エリアだった。


スノーシューのガイドブックを開けば、北八ヶ岳エリアは必ず載っている。

標高2,200mまでロープウェイで上がり、高地ならではの濃紺な青空の下、景観を楽しめる

雪原、アップダウンな林間はネイチャーウォッチに最適、フィールド性は言うことなしだ。

前週に八千穂からR299を上って白駒池近隣まで行ったのも、来シーズンに北八ヶ岳

スノーシューを楽しみたくて雰囲気を味わうための下見目的行動だったが、まさかその

翌週に行くことになるとは(笑。

バロンパパさんもずっと北八ツ樹氷の好機を狙っていたとのことで、お誘いをいただいた。

ご本人いわく、「めずらしく金曜の朝に週末の予定を決めたんですよ^^;」。

確かにそれは早い時間(笑。

 出発前夜の予報
出発前夜の予報は・・・?(クリックで拡大します)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



あれれ?
朝5時に自宅近くでバロンパパさんに拾っていただき、いそいそと出発。
AM7時半、蓼科山・北横岳は雲に(>_<)。え~?目的地変更シマス?(笑

 ピラタス駐車場
8時過ぎにピラタスロープウェイ乗り場へ。すげーいい天気~v!
ゲレンデ中腹はピーカン、こりゃ上もかなり期待できそうっ♪

いざ出発
装備を整えていざ出発!快晴の絶景予感に心が逸ります。
で、自分だけ撮っていただいて、バロンパパさんを撮り忘れ。。。スイマセン。

 いい天気~^^v
9時始発のロープウェイは数十人が乗って満員電車状態。
約7分間で500m上昇、1,700m余りの山麓駅から高度2,240mの山頂駅へ。




坪庭キター━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
こ、この景色はヤヴァイよ~。うひ~^^c。



===============================================================================================================

 

< 北八ヶ岳・坪庭-北横岳スノーシューイング "快晴の絶景スノートレック!" --- Photo Stream>
  今回バロンパパさんと互いに全撮影データを交換しています。
  そのため、バロンパパさん撮影写真はキャプション末尾に
【BP Take】と入れてあります。
坪庭の奥へ
バロンパパさん
魚眼的歪曲雪原
坪庭樹氷
張り付いた雪
坪庭中心部にて
坪庭風紋

かっこうの被写体
北横岳へ
北横岳山腹
トレースをたどって
被写体の山
覆いかぶさる樹氷の森
ココロ踊る一枚

撮り合い
サイコーv!
山腹からの西展望
山腹からの南展望
PL効かせスギ^^;
14-24mmの色
新雪たっぷり

超広角の世界
先を行く登山者たち
急登になる登山道
樹氷林を見渡すスポット
ヒュッテが見えた!
北横岳ヒュッテ
いざ山頂へ

ウキウキ♪
森林限界が近い
頂上直下
雪に覆われた登山道
山頂直下からの展望
登頂間際
次回へと続く
 



後編(北横岳山頂~雨池峠へ)へつづく・・・     


 Page Top

 Feb 23 【Mon】, 2009

 *** Winter moments in 2009 ***

Snowshoeing!
【D3 AF-S 14-24mm ; Feb 21, 2009】   

+++ AM 5:03。まだ暗く眠る街をあとにして、白いヘッドライトの中に浮かんでは流れてゆく景色を追う。

逸る心を抑えながら、まだ見ぬそのsceneを思い浮かべる。


--- PM 12:52。快晴の空の下、太陽が強く照りつける白い世界。

振り返ると、年上の友人がまるで子供のように笑って、ファインダーを覗きこむところだった。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今シーズン最高の天気で、最高のスノーシューイングでした。

膨大なデータで、写真選びはおろか、レポ構成すら思いつきません(笑。

あ~。コマッタ~^^;。どうしよ。


 Page Top

 Feb 18 【Wed】, 2009

 菅平スノーシューイング&グループキャンプから八千穂高原へ。

Fun!Fun!Fun!
【Feb 14-15, 2009】   

ソロやファミリーだけでもそれはそれでいいんだけど、パーティでわいわい^^v!、もまた面白い。



小春日和な暖かさに包まれたバレンタインデーは、雪を求めて標高1,500m超の菅平高原へ。

夜は東へ100km移動して、標高100m弱の埼玉県境でのんびりキャンプ^^c。

そしてまた翌日、100km移動で長野へ戻って標高2,000m地点へ。

”ニシエヒガシエ” ・・・さすがにツカレ、タ(笑^^;。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

3年前の夏にキャンプを始めてから半年後、初めてTryしたスノーキャンプを経験したのが軽井沢スウィートグラス。

昨年は時間がとれず不参加だったが、今回は久々に行ってみようとはりきって前準備をしていたのだが・・・。

雪が本当に少ない今年の冬。

標高1,150m地にあるスウィートグラス周辺は前日に降った雨の影響もあってか

路面も乾き雪が見当たらない状態。あらら・・・。

う~んどーする?ってことで、ご一緒するオトモダチたちと急きょキャンプ場近くの

コンビニでミーティング^^;。

キャンプ場内も下地がゆるくなっているとのことでとりあえずチェックインは見送り、

北軽井沢から30kmほどの菅平高原へ雪遊びに行くことに。

事前予報は今イチだったが、結果的にはポカポカ陽気でワンコもハッスル^^v!

 雪がナイ!
とても2月の軽井沢と思えない乾きっぷり^^;。・・で相談中。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



一昨年のスウィートグラスで楽しんだスノーシュー。
この時はまだマイスノーシュー持ってなくてレンタルしたんだよなぁ^^。

期間限定OPENするのを見つけて、テンション高く臨んだのが懐かしい~・・・。
この時は雪もいっぱいで、冬キャンについてもいろいろ勉強しました^^;。

===============================================================================================================

【今回の参加者: バロン家さん / 苺家さん / Cheenaさん / まりあ家さん / あかねパパさんとあかねちゃん


準備中~
11時過ぎ、菅平到着!ヨカッタ~、雪あるよー(笑。
各自わらわらと準備をして、さぁスノーハイクにれっつごー!(^v^*

 エントリー
深さはくるぶしあたりでしょうか。まだ小さいあかねちゃんはソリで♪
この「これから行くぜっ!」って時がまた楽しいんですよね^^。

ワンコもエントリー
茂みを越えて、ワンコもオフリードに。ま、ダレもいませんので^^。
高い気温でこれ幸いとばかり、しーたさんもずんずん歩きます。

 いい天気~^^v
標高1,500mでこの温暖さは、まったくラッキーというか何と言うか(笑。
寒さに弱い小型犬チームなので、ワンコにとっては何よりでした。

 

< 菅平スノーシューイング "オトモダチとわいわいスノーハイクv!" --- Photo Stream>
行きましょー
お~!
坂がキツ~
MSR
苺ちゃん
まりあちゃん
 
グッチョン
ジャムちゃん
4赤
青空満開!
ひらめいた?Bパパさん
広がる展望
 
バロンパパさん
まりあパパさん
ミンナナニシテルノ?
ランチにしましょう
ランチタイム
とびっきりの時間
 

===============================================================================================================


キャンプでは来たことがあった菅平、自宅からは高速だけでも160kmあってちょっと遠い。
なのでリサーチしてなかったけど、来シーズンはまた来たいな。(ペンション泊で^^;)

この後キャンプ地候補でいろいろ相談するもなかなかいい答えが出ず、
「帰ろっか?」「まりあ家さんちで宴会?」・・・etcの中、バロンパパさんの案で
埼玉県の某所へ大移動。これが当たりでした^^v!

===============================================================================================================

< 埼玉某所でグループキャンプ "やっぱり芝地がイイネ!" --- Photo Stream>
キャンプ地へ

オープンでもOK!

宴は1時ごろまで
みんなでキャンプ
日の出

アメニティドームS・GY

今日もゲンキ!

===============================================================================================================


せっかくの好天なので、もうちょっと遊ぼうと長野へ舞い戻ったしーた班。
野辺山でも行こっかと、とりあえず佐久から南下して雪の状態を見に昨年も来た八千穂高原へ。
・・・え?ぇえ゛~?ナニ?ぜんっぜん雪ないし!(驚。

標高は1,200mちょいあるんですが、いやはや。呆然。これじゃ野辺山もダメだな・・・。

===============================================================================================================

< 八千穂R299スノーシューイング "国道の画ばっかでゴメンナサイ(m_m)" --- Photo Stream>
小春日和
レストハウスふるさとにて
R299ゲート
スノーシューはザックへ
標高1,800地点
XCスキーツアー組
 
雪道を往く
単調な道でキツっ
諏訪門周辺
しんどい~(>_<)
諏訪門バス停
氷解
 

===============================================================================================================


上りに2時間半から3時間。下りに1時間半から2時間。
やはり上りだけは青苔荘などがやってるスノーモービル送迎を頼んだ方が良さそう。
冬の白駒池周辺スノーシューは来年への課題です。疲れきった下見でした^^;。

・・・みんなもうビール飲んでるんだろうなぁ(笑。
戻ってみると撮影バスツアーの御一行様。ゲートから出てきたワタシのことが珍しかったのか、2~3人に望遠で撮られました(爆。

===============================================================================================================




長々とお読みいただき、ありがとうございました(m_m)。   




 Page Top

 Feb 11 【Wed】, 2009

 美ヶ原スノーシューイング Vol.3 ~Solo+WAN編~

美ヶ原Snowshoeing
【D3 AF-S 24-70mm ; 12:24, Feb 8, 2009】   

仕事終わりの土曜夜、クルマを飛ばして向かった先は、再び美ヶ原。

懲りもせずに1ヶ月間で3回目。どうかしてるよなァ~。

片道200kmだョ?疲れもあって眠くなるでしょ?雲かかってたら?

嗚呼、我何故再訪(^^;*?

自問はいくつも出てくるけど、答えは予報を見た時から決まっていたのだ^^;。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今シーズン機会を伺っていたムーンライトスノーシューイング。

車山、野辺山・・・、画的やWCなどの条件を考えると、やっぱり場所は美ヶ原が一番に思える。



この日を逃したら(汗?・・・的にバツグンな天気予報だった先週末。月齢は12日目で満月に近い。

かと言って仕事はキャンセルできないし、Mさんは友達のとこで泊まり予定だったので、しーたさんの世話もある。

夜の美ヶ原は当然氷点下10℃にはなるから、しーたさんは確実にクルマに缶詰。エアコン点けっぱでは危ないし。

ま、事前にがんがんあっためといて、1時間くらいなら留守しても大丈夫でしょ。

てなワケで、期待に胸膨らませつつ、久々にしーたさんとワタシだけのショートトリップ。

ハンドルを握りながら思い描く、月光下に輝く雪原と星の海・・・。

深夜1時過ぎに美ヶ原へ到着。。。 んがっ!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-




雲が広がってきてるヨ~(涙。ぇえ゛~?ありえね~!
下の和田町では晴天だったのに、雲の中に入っちゃった(>_<)。
その後1時間毎に起きてみるも、雲は厚く、雪も降り出し・・・。

月光下に輝く美ヶ原と瞬く星空っぷりは、何と前日に訪れていた
Cheenaさんあかねパパさんのblogで^^;・・・。いいなァ(羨。



===============================================================================================================

 


< 美ヶ原Moments "冬の朝" --- Photo Stream>
AM 6:11
AM 6:13
AM 6:34
AM 6:45
AM 6:57
AM 7:11
 




Cheenaさんたちとはオオチガイな朝(泣。
普段の行いはいいつもりなんだけどなァ・・・^^;。

駐車場に戻ってしーたさんと朝ゴハン食べ、寝袋でフテ寝(笑。
・・・で、ブインブインとうなるスノーモービルの音で2時間後起床。


===============================================================================================================


マダネムイ~
10台以上のスノーモービルのエンジン音で目覚めたしーたさん。
ワタシの動きを追いながらも、ついついウトウト。あごが落ちます^^;。

 混雑中
いつの間にか、周りにはクルマがいっぱい。スノーモービルの団体やクロカン・スノーシュー組、雪遊びに来るヒトで大賑わいでした。

ドピーカン
そしていつの間にか天気もドピーカン。おいおい・・・(笑。
目覚めたら下山しようかと思ってましたが、当然予定変更^^。

 いい天気~^^v
風も穏やかで、数時間前の装いとはまるで別世界です。
美ヶ原でのスノーシュー4回目。昼間はいつも晴れるんだけどなァ(笑。




< 美ヶ原Moments "快晴の雪原と山岳展望" --- Photo Stream>

牛伏山北側より
北アルプス展望
浅間山展望
絶景でごろ~ん
日光浴~v
グ~zzz

北ア全景
鹿伏山
鹿伏山頂上にて
ぐっすり^^
空と山を見上げて
見渡す大雪原
 





 
** 追記・・・冬季時のWCについて **

夏季は美しの塔から10分弱の「塩クレ場」にあるWCが使用可能ですが、冬季は閉鎖中。
そのため、冬季中は山本小屋で@100円で使わせてもらうか、王ヶ頭ホテルまで行くか、のどちらかになります。
ちなみに、王ヶ頭ホテルのWCは無料で使用可能の上、13-15時までは立ち寄り入浴も可。
あのオフロにはいつか入りたい~^^v。


 Page Top