« December 2007 | Main | February 2008 »

 Jan 29 【Tue】, 2008

 八千穂高原スノーシュー。

青空に伸びゆく白樺

く~~~~~~っ!

アオゾラ、キモチいいッ!


日帰りで佐久・八千穂高原スノーシューを楽しんできました。

・・・ん?厳密に言うと冬季閉鎖中のキャンプ場でスノーシュー、を^^;。



and next >>

ここのところ、ロケーション目当てで車山高原とか美ヶ原とか、標高も高くて寒さも厳しいエリアでの

スノーシューをしていたため、しーたさん的には「え~・・・(’>_<)サム」だったよね、と反省・・・。

そこで今回は ワンコと一緒にスノーシュー♪ をテーマに場所選び。


翌日所用がありキャンプはできない日程だったため、日帰りで行けるエリアを考えると、やはり長野東信エリアか、

群馬北部に絞られます。

後者は某B先生が行ってらっしゃる情報があったので、違う絵のためにも(笑) 長野方面へ^^。


ワンコと一緒に、ということであればワタシの中でのベストスポットは 「長門牧場」 なんですが、

積雪量イマイチっぽいので佐久エリアをチョイス。



八千穂高原は上信越道・佐久ICから30分ほどでアクセス可能。

メルヘン街道と言われるR299は八千穂・麦草峠を経て

蓼科から諏訪へと続く道。(麦草峠は冬季閉鎖中)

標高は1,200m強、気温も-5℃程度の予想なのでしーたもOKカナ・・・?


 

<Last Weekend "Snowshoeing" Photo Stream>
駒出池キャンプ場へ到着
路面はツルツル
駒出池キャンプ場内図
口かみこみ~
何かタベモノないかな?
冬眠明けのしーた
ラッセラ~♪

凍結した駒出池
ダレもいないv!
ヒールリフターはイイ!
もうツカレタ~
お約束その1
広がる青空
沈んだ跡

バカだね~
ランチタイム
超手抜きランチ
チタンマグのある風景
標高1,285m
氷の華
木漏れ日スノーシュー

木立の中で
スノーシューで踏まないように
雪原と白樺と青い空
白樺林の中で
終了~♪
浅間へ延びる線路
オシマイ



☆>> 駒出池キャンプ場
(オート@2,000/フリー@2,400円)
<大人2名の場合・駐車場代500円別途>
★八千穂高原の中腹にたたずむ自然たっぷりのキャンプ場。
コテージの他、オートとオートでないフリーサイトあり。
初夏か紅葉時期はかなり良さそうだが、草木がかなりうっそうとしている模様。
麦草峠付近の白駒池(←ペットNG)散策への足がかり場所としてはうってつけ。
ゆったり、自然の中でしずかーに過ごしたい方にはオススメかもしれません。
ペットOKという情報サイトありますが、基本的には国定公園内ということもあり
NGの様子。事前にキャンプ場へ要確認でしょう。


===============================================================================================================

【Extra Information】

・駒出池キャンプ場は冬季閉鎖中ですが、中に入るのに問題ないか管理している佐久穂町に聞いたところ、
 ゲートから中にクルマを入れないようにして入るのであればOKとのこと。ただし、当然場内のトイレは使えません。
 近隣のお手洗いは八千穂高原スキー場か、佐久穂町まで降りないとありません。


 Page Top

 Jan 17 【Thu】, 2008

 美ヶ原スノーシュー&キャンプ始め。

美ヶ原・冬

標高2,000mを超える美ヶ原。

冬。


そこは見渡す限りに広く続く大雪原と青い空のみ。

雑音が聴こえない空気が耳に痛い。


あれ?・・・太陽って、こんなにまぶしかったっけ。



and next >>

さてさて、もう2週間近く前のことですが^^;。。。

房総での年越キャンプから戻って、一日ゆっくりしてから長野へ。

スノーシュー&キャンプです。


初めて美ヶ原に行ったのは昨年の2月のこと

あいにくの曇天ではあったものの、その圧倒的な景色は

虜にならない方がおかしいくらいのインパクトだった。

そこでしか過ごせない時間を過ごす喜び。

が過ぎ、が過ぎ、そしてまた、冬。


 

<Snowshoing & Snow camping Photo Stream>
県道美ヶ原和田線
牛伏山へ
MSR Lightning Ascent
牛伏山展望台
できたら笑って~
牛伏山から王ヶ頭方面
でもサムイ!

ブレイクタイム
いざ高原地帯へ
美しの塔
まだ元気^^;
着ぶくれたオトコ
王ヶ頭ホテルが見えた!
雪の崖

王ヶ頭ホテル直下
王ヶ頭ホテル
王ヶ頭
記念写真
北ア
天狗の露地方面
さぁ雪原を戻ろう!

カラマツの樹氷
雲が広がってきて
ただいま~
蓼科山近辺
やっと設営^^;
雪降る夜に
白い世界

白樺の間から
この一瞬
撤収完了
八ヶ岳高原ライン
東沢大橋
平沢峠
ヤマナシの木



☆>> 蓼科白林台キャンプ場
(芝フリーサイト@2,300円)
<大人2名の場合・風呂料金は別途>
★蓼科湖のすぐ横にあり(湖畔ではない)、長野では少ない通年営業。
オート不可ですが、Pはすぐ。サイトは全面野芝、水ハケはイマイチ。電源ナシ。
ご覧の通り、ロケーションは良くありません。遊びに行く際の「ベースキャンプ」的場所。
また、ここは基本的にバンガロー村。騒音を考えると、GW以降~紅葉時までのキャンプはリスクあり。ちなみに冬季のWCは「ぼっとん」ですので要注意デス(笑。
管理棟 各設備棟 Pとサイト位置 11月時のサイト風景



【追記】

美ヶ原スノーシューレポはぜひ、M家さんとB家さんのもご参考に。。。

>> M家さんスノーシューレポ('06/12月)

>> B家さんスノーシューレポ('07/2月)


 Page Top

 Jan 08 【Tue】, 2008

 brand new day.

新しい一日
===2008年1月1日 6:57 千葉・九十九里浜にて===

昔、学生の頃。

渋谷で大晦日の夜をワイワイ騒ぎ、明治神宮でカウントダウンして、酔っ払ったままJRに乗って横浜へ。

臨港パークからベイブリッジ越しに東の空を見ていたけど、雲間に隠れて太陽が出てこないような空だったっけ。


「もう帰ろっか」なんて言った瞬間に見た、まんまるで赤くってあたたかい光。

前夜の騒々しさがウソみたいにみんな黙って見つめてた。


そして、誰かがポツンと言った短いコトバ。

「・・・。 キレイだね」



あれから長い月日が経ったけれど、その光は今もボクらをあたたかく包み込んでくれる。

また始まる、新しい一日。



and next >>

九十九里浜にて


まずは、もう1週間経った年末年始レポから^^---。


当初は家でゆっくり、と考えていたんですケド。。。

関東の元旦ドピーカン予報を見たら、いてもたってもいられなく(笑、

昨年の朝霧Jキャンプ場に引き続いての年越しキャンプに=3。


朝霧の日の出はちょっと物足りない。

ならば、やっぱり海でしょーってことで九十九里へ。

いや~、日の出はバッチリ!だったんですけど^^;。

・・・キャンプ場が「う~ん。。。」で(笑。


 



<A Happy New Year! Photo Stream #1 >
風が強いョ~

チェックイン

浜まではすぐだけど
最後の夕暮れ
夕陽

帰ろっか

東の空のオリオン座


あれだけ晴天予報だったのにも関わらず、17時過ぎには雨がパラついてきて、21時ごろまで小雨模様に(>_<)。

携帯で天気をチェックすると、夜半から快晴予報^^。

元気を取り戻してシェルの中でぬくぬくしながら、年末だからとちょっと背伸びして買ったカニで鍋を楽しんだ後、

翌朝の初日の出に備えて、年越しそばすら食べずにさっさと寝てしまいました。

もちろん、ノー花火。ノーカウントダウン(笑。

・・・だって、キャンプ場的にそんな雰囲気じゃあ、ないですもん^^;。

===============================================================================================================


<A Happy New Year! Photo Stream #2 >
夜明け前

快晴の予感

シアンな海
WB調整は楽しい^^
初日の出

そろそろゴハン?

オナカスイタよ~c

<A Happy New Year! Photo Stream #3 >
こじんまりお節
クロマメ?
林間サイト
各設備棟など
管理棟
ごきげんしーた


☆>> 九十九里浜シーサイドオートキャンプ場 (芝サイト@6,300円/林間サイト@5,250円)
<大人2名の場合・風呂料金は別途>
★九十九里浜北に位置し、海まですぐという部分が売り。
芝サイトは全て電原付、林間は電源がない分1,000円安い。
マイナス面は、少数だが民家が近隣にあり、「自然感」がまったくないこと。
設備は金額に見合うランク。初心者には安心・過ごしやすいキャンプ場カナ^^。


年始レポ予告・・・いつできるの?スノーシューレポは、・・・~っと、次週週明けにでも^^;。


 Page Top

 Jan 04 【Fri】, 2008

 Our 3rd story.

初日の出ウミ、ダイスキ!
Snowshoeing

2008年、スタートです^^。

年末年始は房総で年越しキャンプ、年始は長野で雪遊びをしてました。

・・・昨年とやってること、さして変わらないですね(笑。



このブログも当初の「しーた育児日記」からすっかり変化してしまいましたが(^^;、

止めようやめようと思いつつも、皆さまのおかげでなんとか今年で3年経つことに。

本当にありがとうございます。

今年はどんな年になるのでしょう。

ぼちぼちではありますが、自己満足での写真と文で時折UPしていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



 Page Top